渡部 直子

Noah's Ark主宰

渡部 直子

Noah's Ark主宰

プロフィール

Noah’s Ark主宰。
クリシュナマチャリヤ師の教えを学ぶため渡印、師の子息TKV.Desikachar、実孫Kausthub Desikachar両氏から指導を受ける。
ヨーガスートラやマントラを指導する傍ら、小淵沢にて大自然の中で家族のようにお互いが心に寄り添い学びを深めるリトリートを主催。

渡部 直子 によるすべてのクラス

「ヨガ×電気」のスペシャルプログラム

22 4月 2017
10:30-11:30
コミュニティスペース

環境エネルギー業界に女性の力を。
みんな電力が運営する、女性の学習と活動をサポートする「ジョシエネLABO」。
環境やエネルギー、社会貢献をテーマに女性の勉強したい気持ちやアクションを応援しています。勉強会やディスカッションをする「ジョシエネ会」の開催や、メンバーがそれぞれリーダーとなり運営する分科会(教室や企画)など、様々な取り組みを展開し活動中です。

チケット購入

 

はじめてのマントラ Oṁ śāntiḥ

22 4月 2017
14:00-15:00
屋上スタジオ

マントラってなんだろう?

YOGAのクラスのはじめや終わりに、わたしたちを包み込み静寂へと導いてくれる、お祈りのような、子守唄のような、おまじないのような、ことば。
みなさんも、クラスで一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

マントラは、いろんな想いや考え(manas)からわたしたちを護り、自由にする(trana)という意味を持つYOGAのプラクティスです。
忙しない毎日の中で、わたしたちは外の世界に見る様々なものを五感で受け止めています。
そこからマインドが生み出す、感覚、感情、思考。
その波の中で、「わたし」を見失いそうになることがあります。

マントラを唱えると、その場の空気、そしてわたしたちのこころもからだも、すーっとそのバイブレーションとハーモニーを奏で始めます。
そのため、マントラは外側からの様々なモノから自分のマインドを護るためのツールであり、 さらには、自らのマインドから「わたし」を護り、解放するツールともいわれています。

このクラスでは、YOGAのクラスの最後に唱えるO? ??nti? に込められた深い祈りをお話しした後で、サンスクリット語の発音を学びます。
おひさまの光溢れる屋上で、音のバイブレーションとみんなのハーモニーをからだ&こころいっぱいに響かせながら、 マントラをもっと身近にみなさんに体験していただけたらと思っています。

マントラ初めましての方から、学びを深めている方まで。
一人でも多くの方が、マントラの魔法と出逢えますように。

チケット購入