NAO

(株)ジェイアール東日本スポーツヨガアドバイザー/(株)ゴールドウインDANSKINヨガアンバサダー

NAO

(株)ジェイアール東日本スポーツヨガアドバイザー/(株)ゴールドウインDANSKINヨガアンバサダー

プロフィール

チャック・ミラー師、ロビンソン尚子師に師事。またシンディー・リー/マティ・エズラティ/ドナ・ホールマン/(社)日本ヨーガ療法学会/西川眞知子師から
様々な流派を学び続け、多くの方にヨガを伝える活動をしている。

NAO によるすべてのクラス

Slow Vinyasa Yoga

21 4月 2017
10:00-11:30
B104

心地よく呼吸のリズムと共に行う初めてのヴィンヤサヨガ
普段の呼吸よりもゆっくりと深い呼吸を行い身体の隅々を意識し丁寧にポーズを行うヴィンヤサヨガの基礎クラスです。
一定の呼吸のリズムで身体を動かしポーズを行う事で心身のバランスを整え不調和(肩凝り、腰痛、冷え性、不安、イライラ、倦怠感など)を改善し健やかさを求めて行きます。呼吸に導かれるように動き、楽しく身体と向き合い心身共にリフレッシュができるVinyasa Yogaのスタイルです!自分のためのヨガをしましょう!

チケット購入

はじめてのマントラ Oṁ śāntiḥ

22 4月 2017
14:00-15:00
屋上スタジオ

マントラってなんだろう?

YOGAのクラスのはじめや終わりに、わたしたちを包み込み静寂へと導いてくれる、お祈りのような、子守唄のような、おまじないのような、ことば。
みなさんも、クラスで一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

マントラは、いろんな想いや考え(manas)からわたしたちを護り、自由にする(trana)という意味を持つYOGAのプラクティスです。
忙しない毎日の中で、わたしたちは外の世界に見る様々なものを五感で受け止めています。
そこからマインドが生み出す、感覚、感情、思考。
その波の中で、「わたし」を見失いそうになることがあります。

マントラを唱えると、その場の空気、そしてわたしたちのこころもからだも、すーっとそのバイブレーションとハーモニーを奏で始めます。
そのため、マントラは外側からの様々なモノから自分のマインドを護るためのツールであり、 さらには、自らのマインドから「わたし」を護り、解放するツールともいわれています。

このクラスでは、YOGAのクラスの最後に唱えるO? ??nti? に込められた深い祈りをお話しした後で、サンスクリット語の発音を学びます。
おひさまの光溢れる屋上で、音のバイブレーションとみんなのハーモニーをからだ&こころいっぱいに響かせながら、 マントラをもっと身近にみなさんに体験していただけたらと思っています。

マントラ初めましての方から、学びを深めている方まで。
一人でも多くの方が、マントラの魔法と出逢えますように。

チケット購入

解剖学でアーサナのセンスアップを目指す

22 4月 2017
16:00-17:30
体育館

アーサナをとる時のちょっとしたコツを解剖学の視点でお伝えします。
例えば、作用と反作用を意識すると立位のポーズの安定感がまるで変わります。この作用と反作用は見えない力を実感するためにとても良い概念です。
自分の体に起こっていることを実は一番知らないのが自分。ヨガのアーサナは自分に気づく感覚を高めてくれます。自分おことがよくわからない人ほど受けて欲しいクラスです。
大丈夫、ちょっとした意識でセンスアップします。
ただ、約束が一つ。無理だと決めつけないことです。自分の目を自分で見ることは誰にもできません。でも自分を感じることはできます。見えない自分を一緒に探しに行きましょう。

チケット購入

ヨガの生理学

22 4月 2017
18:00-19:30
B105

ヨガの生理学的な部分について解説します。生理学は呼吸、循環、代謝、消化など生命を維持するあらゆる機構を対象とします。
ヨガも体操だけでなく、呼吸、浄化法、瞑想法と様々な技法が存在します。
それらが体にどのような変化を与えているのか。
今科学的に分かっていることをまとめて、かつ実践を通してお伝えしたいと思います。

チケット購入

アイアンガーヨガでリフレッシュ

23 4月 2017
10:00-11:30
体育館

アイアンガーヨガは基本がしっかりしているので、自分自身でピアノの調律師のように「整体」することができます。
ヨガの楽しさは、体を動かしながら身体能力を高め、心も軽やかにリフレッシュさせること・・・

今年も基本からシークエンス(順序)を楽しみながら、チョッピリ難易度の高いポーズへとチャレンジしてみませんか?

チケット購入

がんとヨガ

23 4月 2017
10:00-11:30
B105

少しづつ広まりつつある「がんとヨガ」の関係。
医療現場でがんと向き合う専門家とヨガ講師のコラボレーションにより、正しい知識と経験をもとにお話をし、がんサバイバーでもあるヨガ講師・中里貴子によるヨガクラスも体験します。がんサバイバーとして、その家族にとって、ヨガ講師としてできることを考えてみましょう。

・ヨガとがんの相性は?
・がんサバイバーがヨガクラスに参加するときの注意点
・ヨガによる効果は?
・ヨガ講師が気を付けたいこと
・がんサバイバーやその家族として医者に聞いてみたいこと
・その他質疑応答

<参加対象>がん経験者、その家族、ヨガ講師など、興味のある方ならどなたでもご参加ください。

チケット購入

Hip-Opening:気づきを伴ったビンヤサフローヨガ

23 4月 2017
16:00-17:30
ギャラリーA

ヨガクラスで必ずといって実践された事があるのでは?三角形のポーズや戦士のポーズ2!
どんな所を意識して動いていますか?

今年はアーサナを使って股関節の動かし方に注目してみましょう。
太陽礼拝で身体を温め、毎年好評を頂いております壁、ブロック、ペアー、トリプルワークを通して互いの身体を通し理解を深めていきます。
当日NAOからパートナーやグループを決めさせて頂きますのでお一人でのご参加で大丈夫です!
これからヨガを始めたい方、日常的に練習をされている方、全ての方にとって繊細な気づきを感じて頂けるでしょう。

チケット購入