Kengo

ヨガインストラクター、鍼灸師、立教女子短期大学非常勤講師

Kengo

ヨガインストラクター、鍼灸師、立教女子短期大学非常勤講師

プロフィール

スケートボードカルチャーの影響を受けながら過ごしたサンフランシスコで怪我をきっかけにヨガと出会う。自由で創造性豊かなビンヤサヨガ(動きと呼吸の連動したスタイル)を得意とし、ヨガを”音”で表現する『音YOGA』鎌倉Quiet timeを主宰。より深くヨガを理解するため医療系専門学校で解剖学、東洋医学を学び、専門機関での実習にも参加している.。

Kengo によるすべてのクラス

音Yoga

21 4月 2017
18:00-19:30

音Yogaとは

音でヨガを表現するをコンセプトに頭の中の静寂を感じてもらう独自のスタイル。
アルケミークリスタルボールとう振動性の楽器の生演奏で鼓膜では拾いきれないほど精妙な波長の音は細胞レベルで振動し、心身がゆるみ血流の流れが良くなります。
ヨガ、呼吸法の後の演奏は見る、聞くというよりは音の波に浸るという感覚で、多くの人が意識と無意識の狭間で漂う心地よい揺らぎを感じ心身がリラックスしている時にでる脳波α波が出ます。
ストレス軽減、身体的疲労物質の抑制などの効果があります。

また睡眠には顕著な結果がでることがあり、眠りの深さをグラフで示すアプリでは音Yogaに参加した方の睡眠が深くなるという結果が複数報告されている。
深い睡眠が出来るという事は自律神経の働きが安定していることを示す一つの条件として睡眠への効果も期待されている。

チケット購入