パドマ・パダ・ヴィンヤサ/ロータスルーツフロー -PadmaPadaVinyasa/LotusRootFlow-

ダンカン・ウォン
23 4月 2017
16:00-17:30
体育館

パドマ・パダ・ヴィンヤサ/ロータスルーツフロー -PadmaPadaVinyasa/LotusRootFlow-

私たち人間の姿勢の根元と基盤はかかとの内側にあります。かかとと親指の関係が足裏のアーチ構造を活性化させ、この働きにより足首が揃い安定し、さらに足首から腰にかけて脚全体のスパイラルカウンターデザイン(対立筋に働きかけることでらせんの動きが生まれ、関節の位置、状態が整える)を活性化します。大腿、仙骨、骨盤の関係についても探っていきます。この関係はバックベンドの際に必要な脊柱のサポートをつくりだし、さらに流れる動きとポーズにおけるチカラともいえる、強さと柔軟性のバランスを与えます。
最後に、どれほどムーラダーラ(基礎・根源のエネルギーに携わる第1のチャクラである)が、足と座位(または、根源と成果)との結合に関する理解を培うかについて、インターボディマップ(内面的身体地図)を探究していきましょう。

そしてヨガボディ(ヨガ的なカラダ)のインナーライン(内線)を経由した足と座位(または、根源と成果)との結合は
土台と思いやり、ムーラダーラとアナハタ(ハートのチャクラ)、つまりインナースタンディング(内側で立っている状態)を呼び起こすでしょう。

こうして、シンプルでありながら効果的な段階を踏んだシークエンスで、膝の外側を保護しながら、腰の内側を最大限に開き、‘安全な蓮華座を手に入れる’ための立位のフローのアライメント構造のクラスを完成させます。

クラスはダンカン先生と東京のトップアシスタントティーチャーによるシャバ―サナ(休息とリラックス)で終了となります。

全てのレベルの方がウェルカムです。

The root and base of our human stance starts in our inner heels and our relationship between our heels and our large toes activates our inner arch structure of the feet, which aligns and stabilizes our ankles, and activates the counter spiral design of our legs from our ankles through our hips. We will also explore the thigh-sacral-pelvic connection that creates spinal support for back bends,that also provides a strength v.s. flexibility balance, which translates as power in our flow movements and posturing. Finally, we will explore our inner body map of how the Muladhara (Root Base Energy) 1st Chakra enlightens our understanding of our root-to-fruit, or feet-to-seat connection via the inner line of our yoga body that awakens our base-to-grace, our muladhara to anahata (heart chakra) ‘inner-standing’. We will complete our standing flow alignment structure class with a simple yet effective step-by-step sequence that will optimize the opening of our inner hips while protecting our outer knees to ‘get our safe lotus on’!

Class will end with Savasana (rest + relaxation) by Duncan sensei and his advanced local Japanese Tokyo top teacher assistants.

All Levels Most Welcome!

チケット購入